個と個で一緒にできること。福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉マガジンハウス

福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉

こここについて

〈こここ〉は「個と個で一緒にできること」を合言葉に掲げ、マガジンハウスが2021年4月に創刊したウェブマガジンです。

福祉をたずねるクリエイティブマガジンとして、福祉発のユニークなプロジェクト、プロダクト、カルチャー情報から、現代社会を捉えるための思想や書評、対談まで幅広い情報をお届けしています。

  1. トップ
  2. こここについて

メッセージ:福祉をたずねる、創造の旅へ

合言葉は「個と個で一緒にできること」!

はじめまして、こんにちは。ウェブマガジン〈こここ〉です。

〈こここ〉は、福祉につらなる人や場所、活動、表現、創造性をたずねるクリエイティブマガジンとして、2021年4月に創刊しました。合言葉は「個と個で一緒にできること」です。

現代では、一人ひとりが違うこと、その「違い」の複雑さや繊細さがだんだんと意識されるようになってきました。

でも、そもそも「わたし」と「あなた」はどう違うのでしょうか。異なる人と人が一緒に生きていくとはどういうことでしょうか。「わたし」と「あなた」、そして同時代を生きる多くの人とは、どのように共に過ごし、何を一緒にできるのでしょうか。

そんな誰にとっても身近で、大きな問いを抱え、〈こここ〉は旅に出ることにしました。たずねる先は「福祉」です。

たずねる先は「福祉」

福祉の現場には、社会に生きる一人ひとりの心身や置かれた状況に日々向き合い、汗をかき、奔走してきた経験が宿っています。同時に、社会全体の構造的な課題にさらされ、立ち向かうことを求められてきた領域でもあります。

だからこそ、わたしたちが生きていくうえで大切なヒントと「福祉」は繋がっているのかもしれません。また近年では、福祉に関わる場所から驚くほど創造的な活動や表現も生まれています。

社会状況に目を向けること、一人ひとりの個性を認めること、人と人との丁寧な関わりなどの考えかた。そしてユニークなものづくり、地域に開かれた場、個性的な表現、多様な専門家との協働、新しい仕事のかたち。

福祉にまつわる創造性には、少し触れるだけでも豊かな発見があると〈こここ〉は考えます。

問いを抱えて出かけてみよう

そもそも「福祉」とは、「幸福」を指す言葉。

「社会」に関係のない人がいないように、「福祉」に関係のない人もいません。この世界に生きる“わたしたち”みんなに関わること、それが福祉だと〈こここ〉は考えています。

でも多くの人にとって、まだまだ福祉は身近なものではないのかもしれません。だから〈こここ〉では、「クリエイティブな福祉」の活動をたずね、「福祉に宿るクリエイティビティ」をたずねることで、読者と一緒に旅をしてみたいのです。

もしかしたら悩んだり立ち止まったりばかりの旅になるかもしれません。ぐるぐる同じところを回ったり、いきなりジャンプするような珍道中にもなりそうです。なので「あれが未来だよ!」「これが答えだよ!」と指を差し、旗を振るようなマガジンにはなりそうにありません。

それでも今の社会をやわらかくし、次の“わたしたち”を創造するヒントを探しに〈こここ〉は歩きだしました。持ち物は「問い」ひとつ。道中で見つかるのもきっと「問い」ばかりです。

もしよかったら、そんな〈こここ〉と一緒にあなたも出かけてみませんか。「あなた」と「わたし」で一緒にできることを、道中探してみませんか。

マガジンハウスこここ編集部

メンバー

・ 統括プロデューサー
及川卓也
・ 編集長
中田一会
・ 編集部
垣花つや子、岩中可南子、ちばひなこ
・ ラボプランナー
山尾信一
・ アドプランナー
栗城慶一

運営

・ 運営
株式会社マガジンハウス