福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉

せせせプロジェクト|こここラボ 障害者施設の自主生産品販売をサポート

福祉に関わる専門家や、クリエイターなどと協働し、さまざまな課題に向き合う〈こここラボ〉。

2022年12月から、東京都世田谷区との共同事業「せせせプロジェクト」をスタートしました。

  1. トップ
  2. せせせプロジェクト|こここラボ

世田谷・福祉生まれのモノゴトを届けるプロジェクト〈せせせ〉

せせせロゴ

障害者施設の自主生産品販売をサポート! 魅力発信プロジェクト

コロナ禍でイベントの中止や規模縮小が相次ぎ、障害者施設でつくられている自主生産品の売上減少が課題に。2022年12月にスタートした「世田谷・福祉生まれのモノゴトを届けるプロジェクト〈せせせ〉」は、世田谷区とマガジンハウス〈こここ〉の共同事業。オンラインショップ構築、セミナー&ワークショップ、マルシェ開催を通じて障害者施設の自主生産品販売をサポートします。

〈せせせ〉で実施した3つのアクション(2022年度)

1. 商品を魅力的に伝えるオンラインショップ構築

障害者施設でつくられている自主生産品のなかには、独自のこだわりやつくりかた等、ストーリーを持ったユニークな商品が存在しています。しかしその魅力を伝えるのは、なかなか難しいもの。

〈せせせ〉では、それぞれの商品に宿る物語や魅力を発信するべく、編集部、デザイナー、ライター、フォトグラファー等マガジンハウスで活躍するクリエイターが協力し、商品と施設を紹介するウェブサイトを構築。社会課題や福祉のものづくりに関心を持つ、若年層にも届くようなビジュアルや言葉でリパッケージしました。一部商品はオンライン購入も可能です。また、オンラインショップ用に撮影した写真は、SNSやウェブサイト、パンフレットなどで各施設がそれぞれ自由に使用できます。

せせせの商品画像

〈せせせ〉公式ウェブサイト

  • 開設日:2023年3月15日(水)
  • URL:https://sesese.theshop.jp/
  • 運用:公益財団法人世田谷区産業振興公社

2. 施設職員向けセミナー&ワークショップ開催

プロのクリエイターによる商品撮影や記事制作を進める一方で、商品販売や情報発信を現場で担う、障害者施設職員向けのセミナー&ワークショップも実施。〈せせせ〉参加施設の職員が出席し、情報発信やブランディングをテーマに学び、交流しました。講師として登壇したのは、こここ編集部メンバーのほか、〈こここ〉で取材した施設や日頃からメディア運営に関わるクリエイターなど。全3回に渡り、日常業務のなかで活用できるノウハウを共有しました。

セミナー講師の写真

福祉のものづくりを伝える! セミナー&ワークショップ

【DAY1】全国の福祉発プロダクト事例から学ぶ、魅力的な商品のつくり方・届け方
・講師:岩中可南子(こここ編集部)、板橋区立小茂根福祉園「KOMONEST」
・開催日:2022年12月21日(水)

【DAY2】商品をつくる・売る・伝えるってそもそもどういうこと? ブランドづくりを考える
・講師:重松佑(株式会社Shhh 代表取締役/クリエイティブ・ディレクター)
・開催日:2023年1月24日(火)

【DAY3】実際の商品で考えてみよう! 福祉発プロダクトの伝え方・届け方
・講師:林貴代子(ライター)、ただ(フォトグラファー)
・モデレーター:中田一会(こここ編集部)、岩中可南子(こここ編集部)
・開催日:2023年1月30日(月)

3.商品を展示・販売するマルシェイベント開催

オンラインショップ開設を記念し、実際の商品の展示や販売を行うイベント「せせせマルシェ」を開催。世田谷区内の障害者施設が出店し、自主生産品を販売するほか、〈こここ〉編集部による「こここ喫茶」等も実施。また、世田谷発の持続的なビジネス・カルチャーを生み出していくプロジェクト「SETAGAYA PORT」ともコラボレーションし、SETAGAYA PORTが手掛ける「セタオーレーベル」や「ART WALL PROJECT」の楽曲や製品を、体験・購入いただけるブースも出店します。

せせせマルシェロゴ

せせせマルシェ

  • 開催日時:2023年3月19日(日) 11:00〜15:00
  • 会場:三軒茶屋ふれあい広場(東京都世田谷区太子堂2丁目17−1)
  • 主催:世田谷区
  • 運営:SETAGAYA PORT(ドットボタンカンパニー株式会社)
  • 協力:マガジンハウス〈こここ〉編集部
  • イベントURL:https://setagayaport.jp/news-events/sesesemarche

関連記事

vol.022023.10.02〈こここ〉と世田谷区の共同事業「せせせ」で障害者施設の商品を販売。新たに5施設・23点がオンラインショップに登場!

昨年からはじまった「世田谷・福祉生まれのモノゴトを届けるプロジェクト〈せせせ〉」。公式オンラインショップに、個性的な物語が宿る新商品を掲載しました! 

記事を読む

vol.012023.03.16世田谷・福祉生まれのモノゴトを届けるプロジェクト〈せせせ〉。福祉施設でつくられたプロダクトを紹介・販売するサイトがオープン!3月19日(日)にはマルシェイベントも開催

記事を読む

参加施設・プロジェクトメンバー

企画・制作・運用

  • 企画:世田谷区(経済産業部 産業連携交流推進課 工業・ものづくり・雇用促進課/障害福祉部 障害者地域生活課)
  • 制作:株式会社マガジンハウス
  • オンラインショップ運用:公益財団法人世田谷区産業振興公社

参加施設(2022年度)

  • アディクションリハビリテーションセンターすとぉりぃ
  • あゆみ園
  • 泉の家
  • 梅丘ウッドペッカーの森
  • 岡本福祉作業ホーム
  • 岡本福祉作業ホーム玉堤分場
  • 上町工房
  • 烏山福祉作業所
  • 喜多見夢工房・喜多見夢工房分室
  • 喫茶室パイン
  • 砧工房/砧工房分場 キタミ・クリーンファーム
  • 給田福祉園
  • 駒沢生活実習所
  • 桜上水福祉園
  • さわやかはーとあーす世田谷
  • 下馬福祉工房
  • 社会就労センターパイ焼き窯
  • 千歳台福祉園
  • 東京カベナント教会のぞみ園
  • TODAY喜多見
  • ハーモニー
  • Factory藍
  • わくわく祖師谷

プロジェクトメンバー

  • プロデューサー:及川卓也(こここ編集部)
  • プロジェクトマネージャー:武本麻梨絵
  • コンテンツディレクター:岩中可南子(こここ編集部)
  • Webディレクター:ちばひなこ(こここ編集部)
  • コンセプトライティング:中田一会(こここ編集部)
  • ロゴデザイン:松本健一(motomoto Inc.)
  • 撮影:ただ(ゆかい)
  • 執筆:林貴代子、鹿角優邦、原菜月