個と個で一緒にできること。福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉マガジンハウス

ライター:大島悠

ライター。普段は企業の情報資産を言語化・利活用する仕事をしている。「言葉」というものの深淵をのぞきこみつつ、おそるおそる対峙する日々。

このライターの記事

  1. トップ
  2. このライターの記事一覧