個と個で一緒にできること。福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉マガジンハウス

福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉

未来のしたく 作家/漫画家・小林エリカ

作家・漫画家の小林エリカさんをナビゲーターに、人と人との関係性、つながりかた、対話のありかたを更新していく意欲的な試みを「未来のしたく」と捉え、その現場を訪ねる連載シリーズ。

  1. トップ
  2. 未来のしたく

「個と個で一緒にできること」を合言葉に掲げるウェブマガジン「こここ」では、人と人との関係性、つながりかた、対話のありかたを更新していく意欲的な試みを「未来のしたく」と捉え、その現場を訪ねる連載をはじめます。

さまざまな現場を訪問するのは、作家・漫画家の小林エリカさん。綿密なリサーチをもとに、歴史的な人物や原子力といったモチーフから作品を生み出してきた小林さんの視点でこれからの社会を創造していくヒントを探っていきます。

記事一覧

vol.012021.07.12今、私たちは「わかりあえなさ」にどう向き合うべきか。小林エリカ×ドミニク・チェン 対談

「個と個で一緒にできること」を合言葉に掲げるウェブマガジン「こここ」では、人と人との関係性、つながりかた、対話のありかたを更新していく意欲的な試みを「未来のしたく」と捉え、その現場を訪ねる連載をはじめます。 さまざまな現場を訪問するのは、作家・漫画家の小林エリカさん。綿密なリサーチをもとに、歴史的な人物や原子力といったモチーフから作品を生み出してきた小林さんの視点でこれからの社会を創造していくヒントを探っていきます。 第1回は、情報学研究者のドミニク・チェンさんを訪ね、〈21_21 DESIGN SIGHT〉に伺いました。ドミニクさんは『未来をつくる言葉―わかりあえなさをつなぐために』『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために その思想、実践、技術』の著者であり、〈21_21 DESIGN SIGHT〉で2020年10月から2021年6月まで開催されていた展覧会「トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう」のディレクターでもあります。 さまざまな場所でデジタルトランスフォーメーションが進む現在。物事を高速化し、便利にするためのテクノロジーが次々と生まれていますが、大切なことを人間に気づかせてくれる仕組みもまた、現代の私たちには必要なのかもしれません。 日常生活で“やり過ごさない”感性を大切にすること、見過ごしがちな物事に視点を変えて向き合うこと。“トランスレーション(翻訳)”的な活動をされているお二人に対話していただきました。

記事を読む