福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉

こここレポート

問いを持ちながら、福祉にまつわる場所をたずね、そこで感じたこと考えたことをレポートします。

  1. トップ
  2. こここレポート

記事一覧

vol.012021.04.15頭のなかだけのダイバーシティから離れて。ダイアログ・ミュージアム「対話の森」体験レポート

「多様性のある社会を」「ダイバーシティを推進しよう」という言葉はスローガンのように繰り返されている。でも実際に「多様性のある社会」ってなに? と聞かれたとき、答えに窮してしまう自分がいる。 「いろいろな属性の人たちが集まっている社会」とか、「障害のある人も暮らしやすい社会」とそれらしいことを言うことはできる。けれど、「いろいろな属性の人たち」がどんなバックグラウンドを持つ人たちで、「暮らしやすい社会」がどのような社会なのかを実際に思い描けるかと自分に問いかけてみると、具体的な言葉はすぐには出てこない。 それなのに、多様性という言葉を頭のなかで発しただけで安心し、立ち止まって、考えるのをやめてしまってほんとうにいいんだろうか。 その疑問について考えるヒントを与えてくれたのが、東京・竹芝に2020年に誕生したエンターテインメント施設、ダイアログ・ミュージアム「対話の森」だ。 対話の森は、その名のとおり対話によって分断をつなぎ、ダイバーシティをリアルに体感することをコンセプトとしている。現在は、視覚障害のあるアテンドとともに暗闇のなかを探検する「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(以下、ダーク)と、聴覚障害のあるアテンドとともに音声言語を使わない対話を楽しむ「ダイアログ・イン・サイレンス」(以下、サイレンス)という、ふたつのプログラムを開催している。 2021年3月、「ダーク」と「サイレンス」を実際に体験し、それぞれのプログラムのアテンドにお話を伺う機会をいただいた。今回はその体験、そしてアテンドを務めるスタッフやプログラムを一緒に楽しんだ参加者とのコミュニケーションを通して感じたことを、双方のプログラムの一部を紹介しつつレポートしたい。

記事を読む

vol.022021.04.15「わからない」を笑いに変え、ツッコミで社会を滑らかにする! 「なんでそんなんプロジェクト」レポート

気づけばいつも片方だけなくなる靴下。必ず少しだけ開いている扉。 生活の中で、誰かの変わった癖に出会ったとき、「ちょっとよくわからないなぁ」と戸惑うことはありませんか? そんな癖を注意したり、呆れたり、スルーしたりもできるけど、「何それ! 面白いね」と眺めてみることもできるはず。それはその人との新たなコミュニケーションになるかもしれません。 今回ご紹介する「なんでそんなんプロジェクト」は、身近な人の一見よくわからない行為に、お笑いでいうところの「ツッコミ」をいれて面白がり、ポジティブに向き合おうという試みです。

記事を読む

vol.032023.07.18スウェーデン・デンマークの介護施設をたずねて 「ライフの学校」田中伸弥さんによるレポート

日々のケアの中から「ライフ(LIFE)=命や暮らし、生きること」についての学びを多くの人々と分かちあうこと。宮城県仙台市にある社会福祉法人ライフの学校が掲げているコンセプトだ。以前こここでも理事長をつとめる田中伸弥さんや、施設長の菅原篤人さん、スタッフの村松直美さんに話を伺った。 2023年5月末、田中さんが北欧にある福祉施設を視察していると知った編集部は「さまざまな施設や文化にふれて感じたこと、考えたことを寄稿していただけないか」と依頼。北欧視察レポートを寄稿いただいた。(編集部 垣花)

記事を読む

vol.042023.09.11「みらいの福祉施設建築ミーティング」開催レポート

日本財団の助成プログラム「第3回 日本財団 みらいの福祉施設建築プロジェクト」実施に合わせ、「みらいの福祉施設建築ミーティング」が行われました。リアルイベント(2023年6月24日実施・オンライン併用)とオンラインイベント(2023年7月7日・14日・20日実施)を連続開催したこのイベントは、福祉に関わる専門家やクリエイターと協働し、さまざまな課題に向き合う「こここラボ」が企画運営サポートを務めました。

記事を読む

vol.052023.10.27共感ってなんだろう? 展覧会『あ、共感とかじゃなくて。』を起点にした座談会

記事を読む

vol.062024.01.11美術館からどう社会をほぐす? アート・コミュニケータ「とびラー」が生み出す“対話”の場

記事を読む

vol.072024.01.31社会福祉法人〈フォーレスト八尾会〉が目指す、 “農福連携”で地域の人々が共生する未来

どの地域にも必ず存在する障害者福祉施設。 その役割は「障害のある人を支援するための施設」に留まらず、地域の人間関係や仕事、農業や伝統産業に関わることで、「地域全体をケアする活動体」としても注目を集める例が増えてきました。そのひとつが「農福連携」と呼ばれる事業形態であり、農業と福祉がお互いを支え合う試みです。〈こここ〉でも「農福連携プロジェクト」で全国各地の事例をご紹介してきました。 本記事では、ウェブマガジン〈doors TOYAMA〉と〈こここ〉の共同企画として、富山県富山市八尾町に拠点を置き、農福連携事業で全国的に注目されている社会福祉法人〈フォーレスト八尾会〉をご紹介します。農業を通じ、地域の伝統産業の復興を目指す福祉施設の思いとは。(こここ編集部) *トップ写真提供:フォーレスト八尾会

記事を読む