個と個で一緒にできること。福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉マガジンハウス

ニュース

アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」プレイベント、ワークショップ&公開制作が4月16・17日の2日間開催
イベント情報

  1. トップ
  2. ニュース
  3. アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」プレイベント、ワークショップ&公開制作が4月16・17日の2日間開催

ほんださんがみぎしたで、えをえがいている。イベントバナー
2022年4月16日(土)と17日(日)の2日間、〈東京都渋谷公園通りギャラリー〉で公開制作&ワークショップが開催されます

アーティストと共に作品をつくる、公開制作&ワークショップが開催

2022年夏から東京都内の会場を巡回する展覧会「かわるかたち」展のプレイベントとして、2022年4月16日(土)・17日(日)の2日間、公開制作&ワークショップ「本田まさはるさんと、街ぶらライブペインティング」が開催されます。場所は、〈東京都渋谷公園通りギャラリー〉(東京都渋谷区)。「かわるかたち」展、出展作家の本田雅啓(まさはる)さんと参加者が渋谷の街をテーマに、大きな絵を完成させます。

今夏開催!アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」

今夏開催される「かわるかたち」展がテーマとする「アール・ブリュット」とは、フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェが提唱し広めた言葉で、専門的な美術教育を受けていない人が独自の発想と手法で創作したものを指すとされています。

「かわるかたち」展では10名の作家を紹介。色鉛筆やカラーペン、布、糸、広告紙などさまざまな素材と、多様な技法で創作された作品の魅力に迫ります。本展は、より多くの方にご覧いただけるように、都内3箇所の会場を巡回予定です。

その会場の一つである、〈東京都渋谷公園通りギャラリー〉にて今回プレイベントが開催されます。参加費は無料。公開制作に参加するほか、制作風景の見学も随時可能です。

幾何学模様の作品やライブペインティングを得意とする、本田雅啓さん

プレイベントに参加する作家の本田雅啓さんは、佐賀県にある障害福祉サービス事業所〈PICFA(ピクファ)〉を拠点に創作活動を行っています。野菜や物語のキャラクターなど、さまざまなモチーフを幾何学模様と色面で複雑に構成した絵や、風景画などを中心に描き、フランスや国内の美術館で作品展示を行うなど、国内外で活躍しています。

ものがたりのキャラクターをモチーフにしたさくひんがならんでいる
《ブレーメンノオンガクタイ》2021年(左)、《モモタロウ》2020年(右)

また本田さんはライブペインティングを得意とし、これまでキャンバスだけではなく、建物の壁やシャッター、さらに重機などの立体物にも描いてきました。

ほんださんが、てがけたウォールアートのまえで、おなじえがえがかれていたさくひんをてにして、たっている
本田さんが手にしている作品《ホシゾラ》(2018年)を再現したウォールアート(福岡市博多区)

渋谷のイメージから得た着想をモチーフに、参加者と共に作品を制作する

今回のイベントは、街の散策から始まります。初日である4月16日(土)の午前中、参加者と本田さんが渋谷の街を散策します。街や人からどんなイメージを受け取るでしょうか。参加者たちが意見を交換します。

16日(土)午後と17日(日)は、制作を行います。参加者が色をつけた画面の上に、本田さんが渋谷のイメージから着想を得たモチーフを描きます。そこに参加者がさらに色を載せ、大きな作品を即興的に制作していきます。

ヘルメットをかぶり、ふでをてにしたほんださんが、へきめんにむかっている
ウォールアートを制作する本田さん

ワークショップは16日(土)10:30〜12:00に開催される「散策」のみ事前申し込みが必要。「制作」は16日(土)13:30〜16:00、17日(日)10:30〜12:00、17日(日)13:30〜16:00の3回予定されていて、申し込み不要。各回30名程度の入替制で、当日会場にて先着で受付を行います。また、この制作の様子は、予約不要・出入自由で見学することもできます。

イベント当日は、受付にて渋谷のイメージをアンケート用紙に記入します。渋谷といえば何がある?どんなことをする場所?イメージする色は?ぜひ渋谷にまつわる思い出を携えて会場に足を運び、作品づくりに参加してみませんか。

Information

アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」プレイベント 「本田まさはるさんと、街ぶらライブペインティング」

日時:2022年4月16日(土)、4月17日(日)
※各日とも10:30〜12:00、13:30〜16:00

会場: 東京都渋谷公園通りギャラリー 交流スペース
(東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館 1F)

参加費:無料

参加アーティスト:本田雅啓

対象:どなたでもご参加いただけます

参加方法:
  (1)公開制作
   4月16日(土)13:30〜16:00、17日(日)10:30〜12:00、13:30〜16:00  
   ワークショップ<制作>の様子は自由に見学できます。(予約不要・出入自由)

  (2)ワークショップ<散策> 
   4月16日(土)10:30‐12:00  
 定員:申込先着8名
 参加方法:ウェブサイトの申込フォームよりご応募ください。

  (3)ワークショップ<制作> 
   ①4月16日(土)13:30〜16:00 、②17日(日)10:30〜12:00、③17日(日)13:30〜16:00
 定員:各回30名程度(入替制)
 参加方法:イベント当日、会場にて随時受付(先着順) 
    ※同時入室は15名程度に制限する予定です。

※ご質問は、電話(03-5422-3151)またはウェブサイトの〈お問合せフォーム〉より、お問い合わせください。
※汚れてもよい服でご参加ください。(持ち物はありません)
※本イベントは、写真や動画で記録撮影をして、上映やインターネット上で公開します。ご了承のうえ、ご見学やご参加をお願いいたします。
※開催内容は、都合により変更になる場合がございます。

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー

Webサイト:アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」プレイベント 本田まさはるさんと、街ぶらライブペインティング

アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」
会場と会期:
<第一会場>東京都渋谷公園通りギャラリー 展示室1、2
<第一会場会期>2022年7月16日(土)~9月25日(日)
<第一会場休館日>月曜日(ただし7/18、9/19は開館)、7/19、9/20
※このほか都内2つの会場へ巡回(詳細は後日発表)

出展作家:青木尊、五十嵐朋之、稲田萌子、井上優、佐々木早苗、萩尾俊雄、濱中徹、本田雅啓、吉川秀昭、渡邉あや (五十音順)

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団、東京都現代美術館、東京都渋谷公園通りギャラリー

観覧料:無料

※本展についての詳細は後日改めて発表予定