個と個で一緒にできること。福祉をたずねるクリエイティブマガジン〈こここ〉マガジンハウス

タグ:コミュニケーションに関する記事

  1. トップ
  2. コミュニケーション

Articles

記事数: 15 件

菊永ふみさん【コンテンツクリエイター】

働くろう者を訪ねて

ダンス創作を通して「わたし」と「あなた」が出会う

森田かずよのクリエイションノート

今村彩子さん【映画監督】

働くろう者を訪ねて

点字ブロック、電車の手すり、多目的トイレの触覚情報

ふれる世界探索 たばたはやとの触覚冒険記

手話を学んで見つかった、ぼくの居場所

いま話したい人がいる

「いつも」を真ん中に据える

いたずらに人を評価しない/されない場所「ハーモニー」の日々新聞

耳の聴こえない両親と、もう一度“話したい”

いま話したい人がいる

今、私たちは「わかりあえなさ」にどう向き合うべきか。小林エリカ×ドミニク・チェン 対談

未来のしたく

差別や人権の問題を「個人の心の持ち方」に負わせすぎなのかもしれない。 「マジョリティの特権を可視化する」イベントレポート

こここスタディ

VR認知症を体験して気づいた、わからない世界へ手を伸ばし続ける大切さ。シルバーウッド 下河原忠道さん

こここインタビュー

まだ名付けられていない感覚に出会う「遊び」の可能性とは? インタープリター 和田夏実さん

こここインタビュー

頭のなかだけのダイバーシティから離れて。ダイアログ・ミュージアム「対話の森」体験レポート

こここレポート

さまざまな側面をもつ「わたし」と「あなた」をそのまま大切にするには? 美学者 伊藤亜紗さんを訪ねて

こここスタディ

「助けて」とお互いに言い合えるのが、成熟した社会。ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表 志村季世恵さん

こここインタビュー

「お笑い」や「演劇」は他者の世界に寄り添うヒントをくれる。りんたろー。さん×菅原直樹さんが語る「介護の話」

こここインタビュー


Books

記事数: 1 件


News

記事数: 13 件

12/11「とびらプロジェクト オープン・レクチャー vol.11」開催。テーマは「建築と美術館とコミュニケーション」

「当事者の語り」に必要な配慮を考える。〈しぶたね〉オンラインセミナーが11月23日に開催

“触る”を楽しむ博覧会「ユニバーサル・ミュージアム」開催中。国立民族学博物館で2021年11月末まで

「黙る」のコミュニケーションをもっと楽しく。ジェスチャー泥棒ゲーム『MUTERS』誕生

レッツ×EDIT LOCALによる福祉施設のPR・編集・情報発信を学ぶワークショップが開催。応募は11月15日まで!

「男らしさ」の謎を探る『Gender Handbook vol.2』。PDF、冊子で全国に配布中

紙とペンで「音声のないコミュニケーション」を楽しむ。筆談を広める〈mojicca〉クラファン挑戦中

小中学生5000人を無料招待。ダイアログ・ミュージアム〈対話の森〉が「こども5000人たいけん!」参加者を募集中

手話と音声日本語による対話型鑑賞会「シュワー・シュワー・アワーズ」10/9開催

対話を通して鑑賞する喜びを分かち合う。書籍『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』9月3日発売

家族介護のお悩みを解決。アプリで困りごとを学ぶ〈CareWiz(ケアウィズ)家族支援〉、期間限定で無料配信中

“聴覚のみ”でプレイする「オーディオゲームセンター」が〈銀座ソニーパーク〉に登場

7-8月開催!小学生を対象にした、デザインを切り口に多様性について考える「デザインでつどうコドモデザインフォーラム」